犬 食糞 ドッグフード

なんでうちの子が!?食糞対策には専用ドッグフードがオススメ!!

うたた寝している犬

 

可愛い愛犬の行動がおかしい・・・。その中の代表的なもので言えば、食糞ですね。

 

「えっ どうしてうんちを食べてるの!?」と疑問に思う飼い主さんも多いと思います。でもこれ、結論から言えば、わんちゃんの腸内環境が良くないというメッセージでもあるんです。
簡単に説明すると、腸内環境が悪化しているため、まだ未消化の物が便として排出されるので、ご飯だとワンちゃんが勘違いしているわけですね。

 

そんな愛犬の食糞対策に効果的だったのは、我が家で食糞対策として使ってみた結果、実績のあるドッグフードですね。

 

食糞対策がバッチリのスペシャルドッグフードを今すぐチェックする
>>【愛犬が食糞しなくなるドッグフード】ランキングおすすめBEST3 はこちら

 

どんなドッグフードが食糞対策として最適なのか?

 

遊んでいる犬

 

食糞をやめさせようと思った場合、まずなぜ愛犬が食糞を続けているのか?を知らなければいけません。

 

先ほども解説しましたが、"腸内環境の悪化"これが食糞の原因になっているのは、もうお分かりだと思います。でもなんでドッグフードで食糞対策が出来るのか??

 

これは通常の激安ドッグフードの場合、「4Dミート」と呼ばれる"人間が食べられないレベルの死肉"、"死にかけの肉"、"病気の動物の肉"などの低ランクのものを加工して販売しているからです。

 

そりゃ、人間が食べられないようなものを与えていたら腸内環境も悪化しますよね・・・。という訳で、第一条件として人間も食べられるレベルである事が挙げられますね。

 

あともう一つ。それは、グレインフリーである事です。

 

グレインフリーとは、「米」「小麦」「トウモロコシ」などの穀物を使用していないという意味ですね。ワンちゃんは肉食なので、穀物を消化する酵素を持ち合わせていません。つまり、穀物を与えるだけでも腸内環境が悪くなるということです。

 

そして最後に忘れてはいけないのが、添加物が入っていないことですね。

 

今回は、我が家でも食べさせている選りすぐりの食糞対策ドッグフードをランキング形式で紹介したいと思います。

 

【愛犬が食糞しなくなるドッグフード】ランキングおすすめBEST3

モグワンドッグフード
モグワンドッグフード2
モグワンドッグフードの特徴

・高タンパク(動物性タンパク50%以上)
・グレインフリー(穀物不使用)
・着色料、香料不使用

価格 3,960円(現在セール中)
対応犬種 全犬種・全ライフステージ対応
内容量 1袋(1.8kg)
評価 星5

使われている原材料全てが、人間も食べる事ができるヒューマングレードと、超こだわりのドッグフードです。
ワンちゃんが消化しづらい穀物は当然入っていませんし、タンパク質もこだわりの平飼いチキンとスコットランド産の上質サーモンという飼い主の私が食べたいぐらいの素材が使われています(笑

 

更に健康番組の常連ともいえるココナッツオイルも入っていますし、リンゴ・カボチャ・海草なども入っていますので、栄養バランスは素晴らしいです。
獣医師が推薦するスペシャルフードだけありますよね。

 

権威ある獣医学雑誌にもおすすめフードとして取り上げられるほどで、高タンパク高品質は専門家のお墨付きと言えます。

 

食いつきも良く、モリモリ食べてくれるので、モグワンがやっぱり1位ですね。

 

 

カナガンドッグフード
カナガンドッグフード
カナガンドッグフードの特徴

・食べやすい小粒タイプ
・グレインフリー(穀物不使用)
・無添加

価格 3,960円(現在セール中)
対応犬種 全犬種・全ライフステージ対応
内容量 1袋(2kg)
評価 星4

こちらもモグワンほどではありませんでしたが、食いつきもよくモリモリ食べてくれたドッグフードでした。
モグワン同様に、トウモロコシ・小麦・大麦などの穀物を使用していないグレインフリーで、無添加とかなりこだわって作られたドッグフードです。

 

モチロンこちらもヒューマングレードの素材を使っています。カナガンドッグフードのメインは骨抜きチキンと乾燥チキンですね。

 

イギリスでは愛犬家から80%のリピート率を誇る高級ドッグフードです。

 

 

ブッチ
ブッチ
ブッチの特徴

・人口添加物不使用
・グルテンフリー
・ウェットフード

価格 お試し価格 3,000円
対応犬種 全犬種・全ライフステージ対応
内容量 800g×3本
評価 星3

ブッチは他のドッグフードとは違って、ウェットフードタイプです。
雰囲気的には魚肉ソーセージみたいな作りになっていますね。

 

ブッチはグレインフリーではなくグルテンフリーです。ちなみにグレインフリーは、穀物不使用で、グルテンフリーは麦・大麦・ライ麦に含まれるたんぱく質の一種であるグルテンが不使用です。

 

ランク的にはグレインフリーの方が上だと思います。

 

あとブッチは結構食いつきはよかったのですが、素材がヒューマングレードではありませんでした。
ウェットフードで、飽きさせないためには良いかな?とも思ったのですが、腸内環境が悪い子には不向きかもしれませんね。

 

 

アランズナチュラルドッグフード
体質改善
アランズナチュラルドッグフードの特徴

・厳しい品質管理のもと生産
・人口添加物不使用
・着色料不使用

価格 3,564円
対応犬種 全犬種用 7ヶ月目〜
内容量 1袋(2kg)
評価 星2

ラム肉を最大55%含有のナチュラルドッグフードです。
イギリスで作られているドッグフードですね。

 

原材料は・・・【生ラム肉(イギリス産)55%以上、玄米18%以上、ベジタブル・ハーブミックス、全粒大麦、全粒オーツ麦、亜麻仁、テンサイ、ビール酵母】となっています。

 

麦が入っているので、グレインフリーではないですね。食糞対策ドッグフードとしては向いていません。

 

着色料不使用・保存料不使用・人口添加物不使用や、厳しい品質管理のもと生産してくれているのは良いんですけけどね・・・。

 

ご存知かもしれませんが、ワンちゃんには穀物を消化する酵素の「アミラーゼ」がありません。つまり穀物が入っている食事はワンちゃんには消化できないんです。

 

選ぶときは気をつけてくださいね。

 

 

「犬心」いぬこころ -糖&脂コントロール-
犬心
「犬心」いぬこころの特徴

・ナチュラル療法食
・血糖をコントロール
・獣医監修

価格 6,500円
対応犬種 特に記載なし
内容量 1袋(1kg)×3
評価 星2

犬の7疾患に負けないように作られたドッグフードです。人も食べられる療法食というのが売りみたいですね。

 

原材料は・・・【生肉(牛・馬・鶏)、各生魚、魚粉、玄米、大麦、さつま芋、じゃが芋、ゴマ、ココナッツ、とうもろこし、大豆、ホエイ、海藻、花びらたけ、ひまわり油、冬虫夏草、乳酸菌群、ビール酵母、オリゴ糖】となっています。

 

アランズドッグフード以上に、ワンちゃんが完全に消化できない穀物類がかなり原材料に含まれています。こちらも食糞対策ドッグフードとしては向いていません。

 

着色料・食品添加物・酸化防止剤・防腐剤・合成調味料など合計12を不使用との事なのですが、穀物類が入りすぎです。

 

 

最終的にはモグワンが一番おすすめだと思いました。

色々なこだわりのドッグフードを購入して愛犬に食べさせてみましたが、食いつきや品質、価格からしてもやっぱりモグワンが一番でした。

 

モグワン

 

やはり愛犬にはいい加減なものではなく、ちゃんとしたものを食べさせなければいけませんよね。特に食糞をしているのなら尚更です。

 

ワンちゃんは、人間と違って言葉で不調を訴えるという事をしません。というか出来ません。つまり、飼い主が体調異常に気づいてあげて、直ぐに対応してあげる必要があるという事です。

 

ウンチが臭いワンちゃんの寿命が短いというのは有名な話ですよね。

 

消化できないようなドッグフードを与え続けるのは、飼い主の知識不足とは言え、決して関心出来ることでは有りません。私はドッグフードの質と腸内環境の話を知ってからは、すぐに高品質ドッグフードに切り替えました。

 

モグワンの粒

 

今ワンちゃんが食糞をしているという事は、不調の訴えです。高級ドッグフードと言ってもそんなに高いわけではありません。家族のためにモグワンから試してみて下さいね。

 

>>【愛犬が食糞しなくなるドッグフード】ランキングおすすめBEST3 に戻る